相模屋

明治28年創業 あんみつ、ところてん、水羊羹、くず餅の通販・小売・業務用卸 赤坂 相模屋

業務用卸 販売について お問い合わせは こちら

 

会員登録 について 新規会員登録で 100pプレゼント

 

商品カテゴリ

コンテンツ

ご挨拶

ごあいさつ

赤坂相模屋 ブログ
 

明治28年創業以来、寒天の製造を主にあんみつ材料の製造・販売・卸し専門店としてここ赤坂の地で代々受け継がれております。 当店のあんみつ材料は、ホテル・料亭・パーラー・喫茶店はもちろん、TBS前という場所柄、マスコミ・芸能関係の方々からもご支持頂いております。 赤坂サカス「akasaka Sacas」目の前です。

 

 

スマホサイト

あんみつ材料 赤坂相模屋 動画

HOME»  コンテンツ»  当店の寒天について

寒天製造工程

 

天草の種類

 

天草の種類

相模屋の寒天は、伊豆七島産・西伊豆産の最高級の天草をブレンドし製造しております。
天草には、それぞれ特徴があり、それを見極めブレンドし「味・香り・歯触り・粘り・喉越し・色合い」を作り上げます。
今も昔から変わらぬ味・・・今も昔から変わらぬ完全手作業の製造工程をご覧ください。

 

1.塩抜き

塩抜き

 

数種類の天草を測り、一昼夜水に漬け、塩気や不純物を取り除きます。

 

矢印

 

2.煮上げ

一昼夜水に漬け、不純物の取れた天草を直径71cmの大きな銅釜にあけ、沸騰させた湯と共に煮出します。

 

煮上げ

 

矢印

 

3.笊で濾す

笊で濾す

 

煮上がった天草を笊にあけ、寒天の成分のみを抽出します。

矢印

 

4.目の細かい笊で濾す

先程抽出した寒天の成分を、更に目の細かい笊にあけ不純物を取り除きます。

 

目の細かい笊で濾す

 

矢印

 

5.舟(フネ)に移す

舟(フネ)に移す

 

不純物を取り除いた寒天の成分を、縦81.5cm横55.5cmの舟(フネ)と呼ばれる大きな器に流し込みます。

 

矢印

 

6.撹拌(カクハン)

よく熱湯消毒した専用の撹拌棒で、温度が人肌になるまで掻き混ぜます。撹拌は、仕上がりに大きく影響します。

 

撹拌(カクハン)

 

矢印

 

7.冷まし

冷まし

 

人肌になった物を一昼夜寝かせます。この状態は、まだ液体です。(撹拌直後)

 

矢印

 

一昼夜経ち、固まった物。これで寒天の出来上がりです。

 

一昼夜経ち、固まった物

 

寒天の比較

手前の白色の物が固まった完成品。
左奥の緑色の物は製造直後。

 

寒天の比較

 

9.切り出し

切り出し

 

舟から切り出し、“香り豊かなまま”お客様のもとへ。
寒天は生き物です。スピードが命です。製造から販売まで一貫して出来る、相模屋自慢の寒天です。全て手作り、手抜き無しで作られた、寒天本来の「味・香り・歯触り・粘り・喉越し・色合い」をお楽しみ下さい。

 

食材について

 

寒天について

寒天の比較

 

相模屋の「寒天」は創業以来、伊豆七島産・西伊豆産の最高級の天草を使用し、手作りによる手間暇かけた製法を受け継ぎ、磯の香り豊かな「寒天」を提供する事をモットーに今日に至っております。作り置きをしない、古来より変わらぬ製法により大量生産は出来ませんが、「寒天」本来の風味や食感をお楽しみ頂けます。

今日、食感や風味だけではなく、良質なミネラル分や食物繊維が豊富な事から、「寒天」が注目されております。

 

相模屋の「寒天」は、細かくカットしておりません。出来るだけ作りたての風味を生かす為、固まりの形のままでお出ししております。
お好みの大きさに切り分けてお召し上がり下さい。

なお、「寒天」は生物ですので、出来るだけ早いうちにお召し上がり頂きたいのですが、すぐにお召し上がり頂けない場合、「寒天」を固まりのまま入る適度な大きさの容器を用意して頂き、その中に「寒天」が浮く位に水をはり、冷蔵庫で保存して下さい。